石垣島、竹富島へ行ってきました

 あっという間に1月も今日で終わり。

皆さん、月末でバタバタしているのではないでしょうか?

そういう時は、私は、

『やらなければいけない事がいっぱいの日々に感謝ーー』という思考に切り替えて目の前の事を一つ一つ達成していくようにしています。

だって鬱で入院してた頃は、予定は何にもなく、誰かからも必要とされる事はなかったから、今の環境が本当に有難い…

予定が何もない事の方が辛いから。

誰からも必要とされてない方が辛いから。

人間って人に必要とされたらやる気も出るし頑張ろうって思える生き物。

人に喜んで貰えたら嬉しい生き物。

今、必要としてくださる方々に喜んで貰えるように、自分なりに、ゆっくりでも確実に一歩ずつ進んでいく。

そんな中でも自分の時間も大切にしないと心が死んでしまうから。

という事で、先週は、二泊三日で石垣島に家族旅行に行ってました!

大人6人、ドンドン家族が増えてくる。

石垣島では、海で遊びまくりました。

お天気にも恵まれて気温は20度ぐらいで、日中は半袖で短パンでもオッケーでしたよ。

という事で、夕日をみるカヤックのツアーに参加。

夕方なると寒かったけど、みんなで笑いあって元気いっぱい貰えた!

石垣島から竹富島へ昔飼っていた大切なワンちゃんラスタに会いにも行ってきました。

2010年私が倒れてしまってどうしても育てられなくなって、友達の親戚のおじさんに引き取ってもらったラスタは、今では竹富島のたるりあ って言うお店の看板犬になっております。

ラスタのおかげで、竹富島を知ったし、おじさんやお婆ちゃんとも出会う事ができた。

あの時、手離す事に勇気がいったけど、子供達と話し合ってラスタの幸せを1番に考えて手離す事を選択した。

最後まで見れなかった自分自身を責めたこともあったし、子供達は泣きまくったけど、いつか絶対に会いに連れて行く事を子供達と約束して、2015年1月に実現。

子供との約束を守れて肩の荷が下りたのを覚えている。今回で3回目。ラスタは、14才すっかりおじいさんになってて、部屋からあまり出てこなかった。

ラスタ生まれてきてくれてありがとう。

そして今の飼い主の私の友達のお婆ちゃんは、もうすぐ100才!

みんなから愛されてて、元気で働いてて、会っただけで、無償の愛を感じ癒されました。

お婆ちゃんに会ったら、まだお婆ちゃんの半分も生きてないんだから、もっと頑張ろうーっていつも元気貰います。こんなお婆ちゃんになりたいな。

会うだけで元気貰えたって思ってもらえる人って素晴らしい。

私も過去、私に会ったら元気貰えたと言ってもらえる人間になると覚悟を決めて幸絵文字を立ち上げた。

今では幸絵文字というツールを手に入れて私も、インストラクターも、いつでもどこでも誰にでもプレゼントを渡す事が出来るようになった。

人生って自分が決めた事が実現する。

心で思った事、言動、行動を一致させて自分の価値をあげていこう。自分の為に、そして私の大切な人の為に。

あの時、友達にお願いして良かった。私は、本当に友達に恵まれています。人に助けてもらってばかりの人生に感謝です。

人間関係って手離すことは勇気がいるけど、執着してその人の人生をも潰してしまう事もある。

ちゃんと話し合って、さよならする事も大切だと今は思ってる。その人の人生がより幸せになる為には別れも必要。やっぱり自立って本当に大切。

今、自分自身が自立出来てなかったら、すがる事ばかりになり本当の自分の人生を歩めないから。

私は過去、全ての物がなくなったから、ヒト・モノ・コトに執着しなくなって、本当に楽に生きていけるようになった。

切り替えが早くなっていつまでも落ち込まなくなった。

旦那、家、健康、仕事がなくなっても生きてこれた。どんな失敗をしても生きてたら、やり直す事もできる。過去に縛られず、未来を変えるのは自分自身。

子供も22才と19才。2人とも自立してて心ある子に育ってくれた。

大丈夫。全ては必然必要だから起きているのだから。

~しなければならないに縛られてないか?

を時々見直し、~やりたいに、変更して行くことの方が最も大切ですね。

自分の人生、幸せになるのも不幸になるのも、全て自分で決めれる!

過去、こうやって家族揃って旅行行ける日が来るなんて思ってなかった。

けど今は、結構あちこち行ってる。

自分の心が求める方向へ勇気を持って一歩踏み出そう。

自分の価値を自分であげて幸せ循環していこう。

関連記事

  1. 素敵な仲間と貸切道頓堀クルーズ

  2. 言い訳の達人!

  3. 夏至の日に3度目の滝行にいってきましたー!

  4. ピンバッジ完成ーーー。

  5. 妙心寺【花園】10月号

  6. 第2回 山登り隊で六甲山に登ってきました。