日めくりカレンダー作成の文字を担当しました。

 私が大大大尊敬してる木村勝男会長の日めくりカレンダーの文字を担当させていただきました。

31日分の木村会長の名言を書かせていただきました。

こんな感じに完成ーーーー。

 

 

 

カレンダーを作るにあたり4名で、得意分野を発揮しあい、人の才能の違いをみて沢山の学びと気づきをいただきました。
1人では決して創り上げることができない、最高傑作の日めくりカレンダーが完成しました。
幸絵文字が目指す共創。
共に創ることへの素晴らしさを
体感させて頂くことができました。
1人の成功体験より、一つのことをみんなで創り上げ感動を共感し合う仲間を沢山作ることが私の夢。
貴重な経験をさせていただきました事に、
心より感謝を込めて、ありがとうございました。
以下は、カレンダーチームの
坂元鋼材(株)の坂元社長がまとめてくださいました。仲間の事をしっかり見てステキに紹介して下さり文章能力に圧巻。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ステキなメンバーと共に過ごせた時間は幸せでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【木村勝男会長、永遠なれ!】
木村塾(BS経営研究所)の木村勝男会長、昨年の7月にご逝去されました。
1940年島根県益田市生まれ、18歳で単身大阪へ。以来、生涯で30以上ものビジネスを手掛けられました。50歳のときにバブル崩壊で230億円という巨額負債を背負うも「倒産も自己破産もしない」と決心、15年かけて解決。
50年以上にわたる経営体験を通じて身につけた人生とビジネスにまつわる数々の真髄と持論を、「木村塾」として全国の中小企業経営者に説かれました。

木村塾は2016年末をもって幕を閉じました。そして2018年7月、多くの塾生に惜しまれつつ木村会長はこの世を去りました。
生前に木村塾で語られた魂の至言の数々、それらをなんとか形に残したい。これからも木村会長の言葉に触れて、経営と人生の糧としたい。そして会長を慕う全国の木村ファンとともに永遠に分かち合いたい。
そんな志を同じくしたメンバー4人が集い、半年以上をかけて誕生したのが「木村勝男・日めくりカレンダー」です。


木村塾DVD(5巻セット)を作り上げた福澤伸雄さん(福沢ビデオプランニング)を総合プロデューサーとし、会長の一周忌(7月13日)を目標に仕事を進めました。
31の名言およびテキスト文章作成には、木村会長の著書「逆境に勝る師なし」「BS経営のススメ」の執筆に協力されたライターの池永美佐子さん、そして木村塾で6年間学んだ坂元が担当しました。
名言の選定にあたっては奥様の木村敬子さん、ご子息の木村健吾さん、木村会長の一番弟子たる竹内泰光氏(元UBI株式会社社長)などの貴重なご意見とアドバイスをいただきました。
そして31の名言はデザイナー・花咲幸絵さんの「幸絵文字」によって描かれました。その幸福感あふれる独自の書体により木村会長の名言たちは永遠の命を吹き込まれてました。
日めくりカレンダーは7月の命日を期して全国の木村塾関係者などにご遺族により配られました。すでにお手に取られた方もいらっしゃることでしょう。


制作した1000部がほぼ配布されつくしたもようですので、ご遺族のご許可を得て画像データとしてシェアすることにしました。木村会長を知らない後世の起業家・経営者たちにも木村勝男イズムが伝わることを願います。
このほど「木村塾同窓会(2年目)」が大阪梅田で行われました。


日めくりカレンダーチーム4人が完成後に初めて勢ぞろい。


完成なったカレンダーを手にして感無量、突貫作業に追われた日々を思い出して達成感いっぱいでした。
おそらく木村会長、カレンダーを見て天国でニヤッと喜んでくれるはず。
これからも私たちを、永遠に導いてください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015年11月。
私の大きな一歩を踏み出さしてくださった
木村勝男会長との2ショット!
私の宝物です。
会長に恥じない自分になる。

関連記事

  1. 言い訳の達人!

  2. 伊勢神宮へ平成最後のお礼参り

  3. 奄美大島へリセットの旅

  4. 【告知】3ヶ月養成講座7月始まり募集開始します

  5. あけましておめでとうございます

  6. 長崎の旅で木花咲耶姫様に出会ったよ